いよいよはじまる!
自己責任での資産運用時代

いよいよはじまる!日本版ISA!のNISA(ニーサ)

日本版ISAで非課税投資枠を活用する

日本版ISA(小額投資非課税制度)がいよいよ2014年から導入されますが、実際にどのようにこの非課税枠を活用するかは、個人投資家の悩みになっています。これからの制度ということもありますし、限られた枠の中で非課税ということもあり、複数の投資先を抱えている個人投資家は、どの投資先をISA枠にするかと悩んでしまうこともあると思います。
最近のエコノミストの評価などを見てみると、ずっと保有していることが予測される長期投資向けの株や投資信託を買うのが推奨されています。購入後、順調に株価が上がっていくとみなして、それで非課税期間が満了となる5年目を迎えた時点で一度資産を売却して、新しい非課税枠を使って買い直すことをくりかえせば、再び5年間は非課税の恩恵を受けられるからです。それに今後10年間は毎年100万円分の非課税枠が増えることも長期性を持った枠の活用を推奨する要因となっています。
また、日本版ISAの場合は短期間で売買を繰り返すと、その取引のうちに非課税枠を使い切ってしまうことにもなりかねません。日本版ISA制度では売却後に非課税枠の再利用ができない仕組みとなっていることも長期投資向けにISA枠を活用することを推奨する流れが大きい理由です。実際に5年間保有しつづけることのできる資産を考えたならば、株の場合は割安成長株、投資信託なら外国株式ファンドを購入するほうがいいでしょう。一発の利益は少なくとも、継続して5年間は恩恵が受けられる投資先の利益をISA枠で節税することが基本となりそうです。

いよいよはじまる!日本版ISA!のNISA(ニーサ)

外貨MMFは安全か?

今更ながら国債とは?

デビットカードを選ぶならこれ!

Copyright © 2016 いよいよはじまる!自己責任での資産運用時代 All Rights Reserved.

Template by雛形倉庫