いよいよはじまる!
自己責任での資産運用時代

いよいよはじまる!日本版ISA!のNISA(ニーサ)

日本版ISAの非課税投資枠を作るには

日本版ISA(小額投資非課税制度)は毎年100万円までの非課税投資枠が設定されます。単一年度のうちに投資した金額のうち100万円分までの株式投資や投資信託にかかる値上がり時の利益や配当金、それに利益の分配金が非課税とすることができるのです。私たちはこの「ISA枠」について、いかに活用したらよいのでしょうか。そして、どのように枠を作ればいいのでしょうか。
2013年6月現在では、まだまだ制度が確定していないこともあって、ISAを扱うことになる証券会社のシステムも対応できていないのが現実です。ですから、今日早速に「ISA枠のある口座を作ってください」と証券会社を訪れても。今すぐに非課税投資枠に対応した口座を作ることはできません。制度が固まってからシステム作りとなるでしょうから、もう少し時間がかかりそうです。2013年10月からは大手証券会社で取扱が始まる見込みです。
しかし、2014年1月からISA制度が始まるので、あらかじめ証券口座を作っておくと、ISAが始まってからもスムーズに対応できます。これから証券口座を作る場合は、取引にかかる手数料等をしっかり研究しておきましょう。というのも、せっかくISA枠を設けても、投資にかかる売買手数料が高い証券会社であれば、節税効果分以上の手数料がかかってしまう笑えない話も出てきます。まだ証券口座を持っていない方や現状で高い売買手数料を払っている方は手数料の安いネット証券への乗換えを検討することもお勧めします。ネット証券の比較・評判はオリコンランキング2013

いよいよはじまる!日本版ISA!のNISA(ニーサ)

外貨MMFは安全か?

今更ながら国債とは?

デビットカードを選ぶならこれ!

Copyright © 2016 いよいよはじまる!自己責任での資産運用時代 All Rights Reserved.

Template by雛形倉庫