いよいよはじまる!
自己責任での資産運用時代

いよいよはじまる!日本版ISA!のNISA(ニーサ)

日本版ISAのメリット

単一年度内に行われる100万円以内の投資に対して非課税枠が設定される注目の投資税制「ISA」。日本でも2014年1月からISAが導入されますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。
現在、日本では投資にかかる利益に対して、当然ですが税金がかかります。実際に投資をした場合に売却益が出たり、配当や分配金を受け取ったりしたときにかかる所得税率は、10%の軽減税率が適用されています。軽減というのも、現在は投資熱復興のために軽減されているからです。これが2014年1月以降は、本来の税率である税率20%に戻ることになっています。
ですから、枠をフルに使って100万円取引しても20万円税金を払わねばならないものが、ISA枠を使えば0円ですみます。余裕のある資金を使って投資をしたいと思っている人は多いのですが、納める税金の金額が非常にネックになっていたこともあり、ISA制度の登場で投資をしやすい環境が整ってきたといえます。
このISA制度は、イギリスが発祥で一般国民に普及していて、不況下のイギリスにおいて投資熱を再燃させる効能があったことから、日本でも以前から導入が検討されてきました。満を持してようやく2014年1月からに日本版ISAが導入されることになりました。2013年秋には国内の証券会社などでISAを見越した証券口座の開設キャンペーンなどが始まりますので、現在投資をしているみなさんや、これから投資をしようと思っている方には、ぜひ日本版ISAについて研究をしていただきたいです。NISA 定期預金の金利の比較

いよいよはじまる!日本版ISA!のNISA(ニーサ)

外貨MMFは安全か?

今更ながら国債とは?

デビットカードを選ぶならこれ!

Copyright © 2016 いよいよはじまる!自己責任での資産運用時代 All Rights Reserved.

Template by雛形倉庫