いよいよはじまる!
自己責任での資産運用時代

いよいよはじまる!日本版ISA!のNISA(ニーサ)

日本版ISAと税金の関係

みなさんは、このほど日本で導入されるISAの仕組みをどれほどご存知でしょうか。この機会にぜひ理解して、投資者として受けられる恩恵を余すことなく享受できるようにしましょう。実際にISAを設定する方法と、基本的な流れをご紹介します。
まず、日本版ISAを行うには、ISA専用口座を銀行や証券会社で開設しなくてはなりません。ISAには年間100万円分の枠が設定され、枠内で投資された証券等にかかる売却利益や譲渡利益に対して税制の優遇があります。そのため税務署で口座開設確認が必要です。また、1人が同時に複数のISA専用口座を開設することはできません。
また、ISA専用口座にかかる売却益非課税の優遇期間は5年となっています。この場合、投資商品をどう扱うかには大きく3つの方法があります。まず5年間のうちに売却して利益を受け取る方法(この場合の売却益には非課税)と、5年後に値上がりした価格を購入した価格と読み替え、証券口座等に移動する方法(このときの差額利益には非課税)と、5年後に新しいISA専用口座に移す(100万円以内である場合は非課税)という、3つの方法を選択することができます。5年たてばまたISA口座を活用して枠内であれば非課税の恩恵を受けることができます。ちなみにISA口座は年間1口座で、100万円ずつ利用できますから、5年間で500万円まで非課税投資枠が得られることになります。徐々に枠が広がってくることも活用して、恩恵をしっかり享受しましょう。

いよいよはじまる!日本版ISA!のNISA(ニーサ)

外貨MMFは安全か?

今更ながら国債とは?

デビットカードを選ぶならこれ!

Copyright © 2016 いよいよはじまる!自己責任での資産運用時代 All Rights Reserved.

Template by雛形倉庫