いよいよはじまる!
自己責任での資産運用時代

外貨MMFは安全か?

外貨預金との違い

外貨MMFは外貨によって投資を行うものですが、同じように外貨を通じて投資行為を行うものに外貨預金があります。外貨MMFと外貨預金ではどのような違いがあり、またそれぞれどのようなところに利点があるのかについて見ていきたいと思います。
まず大きな違いは、それぞれの金融商品を取り扱っている場所です。外貨MMFを取り扱うのは証券会社や一部の銀行等金融機関であり、外貨預金を取り扱うのは銀行や信用金庫、信用組合等の金融機関です。投資の種類としては、外貨MMFはその名前の通りMMFであり、外貨預金の場合には普通預金や貯蓄貯金、定期預金、また仕組み預金等によるものとなります。
外貨MMFと外貨預金はどちらも外貨を介して投資を行うものですが、それぞれ取り扱いのある外貨の種類としては、外貨預金の方が多いようです。ただし、外貨MMFで扱われている通貨は米ドルをはじめとしてユーロやカナダドル、英ポンド等世界的に見て主要な通貨の取り扱いは充実しています。
また各外貨を日本円に換金する際に生じる為替手数料について見てみると、外貨MMFの方が、外貨預金に比べて安いということが一般的に見て言えるようです。金利についても一般的には外貨MMFの方が高く設定されていることが多いため、手数料や金利の面では外貨MMFの方が利点が多いと言えるでしょう。
考えられるリスクについては、どちらも外貨を介した投資ですから為替の変動によるリスクは同じように考えられます。異なる点は、外貨預金では為替リスクに加えて外貨預金を取り扱う銀行等金融機関が破綻等した際に、投資したお金が保証されないというリスクもあるという点です。このことは投資を行うにあたって大きなリスクと言えるかもしれません。ただし、元本保証の面で見てみると、外貨MMFでは元本保証がないのに対し、外貨預金では外貨を基準とした金額とはなりますが元本保証があるという点で利点があります。モーニングスター [ 投資信託講座 ]
その他の面では外貨MMFにおいて為替差益で出た利益に関しては課税がされない等外貨MMFの方が外貨預金に比べて利点が多いと言えるようです。ただしリスクも必ずありますので実際に始めるにはよく確認することが大切です。

いよいよはじまる!日本版ISA!のNISA(ニーサ)

外貨MMFは安全か?

今更ながら国債とは?

デビットカードを選ぶならこれ!

Copyright © 2016 いよいよはじまる!自己責任での資産運用時代 All Rights Reserved.

Template by雛形倉庫