いよいよはじまる!
自己責任での資産運用時代

今更ながら国債とは?

国債の種類

国債の種類にはいろいろあります。「建設国債」は公共工事などの国が行う、道路や建物などの工事に当てられる目的のために発行される国債です。また、「特例国債」は「建設国債」を発行しても足りなかった分を補う為に発行される国債です。毎年の特例法に基づいて発行されており、発行目的によって2種類に分けられます。
満期時の期間による種類別だと3種類に分けられます。満期時の期間が10年以上の国債は、「長期国債」、期間が2年以上だと「中期国債」、期間が半年や1年だと「短期国債」といいます。ただ、この中の短期国債は個人での購入はできませんので注意しましょう。
国債を始めてみようかと考えている人の一番気になる利息での種類分けは、4種類に分けられます。「利付け国債」は10年、5年、2年固定で一定の固定利率が適用されます。「個人向け国債10年変動」だと利率が、実勢金利に応じて半年ごとに見直される「変動金利型」になります。「個人向け国債5年固定」だと、利率は満期まで変わりません。これは、年に2回の利払いがあります。
「個人向け国債3年固定」は満期まで利率は変わらずに、毎月発行されるので、短期間での買い足しが可能です。コツコツ買いたい人にはおすすめです。個人向け国債は、一定期間を過ぎれば満期前に売る事も可能です。急にお金が必要になった時にいつでも換金できます。国債は利用しやすい金融商品です。ただ、利付け国債は、売る時には時価になるので、購入時よりも高くなったり安くなったりする場合もありますので、気を付けて下さい。

いよいよはじまる!日本版ISA!のNISA(ニーサ)

外貨MMFは安全か?

今更ながら国債とは?

デビットカードを選ぶならこれ!

Copyright © 2016 いよいよはじまる!自己責任での資産運用時代 All Rights Reserved.

Template by雛形倉庫