いよいよはじまる!
自己責任での資産運用時代

デビットカードを選ぶならこれ!

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードとデビットカードの違いをご存じでしょうか?クレジットカードとデビットカードの内容は全く違っています。クレジットカードは後払いの為24時間の利用ができます。カード会社が一旦支払いの肩代わりをし、後で口座から引き落としされると言うシステムです。
デビットカードは、即時決済であり、取扱金融機関の対応時間外ですと残高の確認ができない点が違います。ですが平日は8時から21時、土日祝も9時から21時までは利用することができるので不便さはあまりないかもしれません。クレジットカードは限度額内なら利用できてしまうので、計画性がない使い方をすると使いすぎる恐れがありますが、デビットカードは口座残高が限度額になるので使いすぎを防ぐ事ができます。
収入の確認や職業などの審査があるのはクレジットカードですが、デビットカードはどの銀行もほとんど審査はありません。デビットカードは年齢をクリアしていれば誰でも作る事ができ、破産している人でも、収入がなくてもデビットカードは利用することができます。ただ、口座残高がないと利用できないので、この点から簡単に作る事ができるのでしょう。
クレジットカードは加盟点数も非常に多く、どこでも使えるイメージがありますが、デビットカードはそこまでは普及していないと言えます。キャッシュカードに不随していますが、デビットカードの機能は店頭などで利用できない所もまだまだ多いのです。ですが、ネットでの買い物での利用は比較的多く利用でき、ポイントも貯まる機能が付いているカードが多いので、現金と同じように利用してポイントを貯めるお得な使い方もできます。現金で代金引換するよりもデビットカードを利用すれば手数料もかかりません。
また、クレジットカードは審査が厳しいため、身分証明の意味もあり利用価値が高いと言えますが、デビットカードはこの点での利用価値はありません。

いよいよはじまる!日本版ISA!のNISA(ニーサ)

外貨MMFは安全か?

今更ながら国債とは?

デビットカードを選ぶならこれ!

Copyright © 2016 いよいよはじまる!自己責任での資産運用時代 All Rights Reserved.

Template by雛形倉庫